みずほ銀行のカードローン審査に落ちる理由

キャッシングベスト3

みずほ銀行のカードローンはどんな理由で審査に落ちますか

私は20代後半のサラリーマンです。収入は少ないのですが安定はしています。しかし公私ともに付合いが多く、たまに給料日前に金欠状態になってしまいます。そこでみずほ銀行のカードローンに申し込みをしようと思っているのですが、まだ若かったり収入が少なかったりするために審査に落とされるのではないかと不安です。そこでお聞きしたいのですが、みずほ銀行の場合審査を落とす理由にはどのような事があるのでしょうか。

所定の条件を満たしていない場合は審査に落ちます

審査と言うものは金融機関毎に持っている審査基準に沿って行われます。この審査基準は公開されていませんから詳しいことは分かりませんし、その人ごとに審査基準にあった人もいれば合わない人もいて、何も問題無さそうでも落ちると言う場合も無いとは言えません。ただしみずほ銀行に限らず基本的な条件と言うのはそれ程違いが有る訳ではありません。例えば最も基本的な事として本人が確認できないような場合にはどこも貸してはくれない訳です。

ではこの他基本的な条件と言うのは何でしょうか。先ずは年齢です。各金融機関ともカードローンを利用できる年齢は決められており、下は概ね満20歳以上ですが、上は金融機関毎に開きが有ります。みずほ銀行の場合には、満20歳以上満66歳未満とされています。この範囲の年齢の人はみずほ銀行のカードローンを申込むことが出来ます。あなたの場合は20歳代後半と言うことですので、この条件は満たしているわけで、この点の審査は通ります。

次に毎月安定した収入がある人という条件が有ります。もちろん安定していても極端に収入が少なく金融機関側が返済は無理と考えるような場合は駄目ですが、あなたの様に少ないとは言ってもサラリーマンであれば自営業者などに比べて収入の安定性において評価は高いと言って良いでしょう。したがって借入希望金額にもよりますが、給料日前の金欠状態を補う程度の借入であれば、特に問題となるような事は無い筈で、この点でも審査は通ります。

更にカードローンの場合には通常担保や保証人の必要が有りませんので、銀行は融資するにあたって、保証会社の保証を受けることになります。この保証を受ける為にはこの保証会社の審査に通らなければなりません。みずほ銀行と提携している保証会社はオリエントコーポレーションですので、あなたがみずほ銀行カードローンを申込んだら同時にオリエントコーポレーションの審査を受けることになるのです。ただしこの場合でも信用情報に問題が無ければまず大丈夫です。

あなたはサラリーマンですので、比較的審査にも通り易い筈で、あまりびくびくする必要はありません。ただし最近は若い時代に携帯電話の利用料金を滞納したりしていて本人が意識しない間に信用情報に問題が記載されているようなケースが多くなっています。こういった場合信用情報には5年間情報が残りますのです。あなたも一応5年前までさかのぼってそういうようなことが無かったかなど一度確認しておくようにしましょう。

みずほのローンを利用するための審査について

みずほでキャッシングなどのローンを利用しようと思ったときには審査を受けなければなりません。これがどのようなものなのかを把握しておく必要があります。何を判断しているのかというと、一言で言えば返済可能性です。借りたお金は返すのが当たり前なのですが、借りても返すことができなくなる人がいるのも事実です。これを判断するためのものだと言えるでしょう。

返済可能性が著しく低いと判断された場合には借りることはできません。一定の基準はクリアしていたとしても、返済可能性があまり高くない場合には、利率が高くなったり、あるいは限度枠が小さくなったりすることもあります。ですから、返済可能性というのは非常に重要なものだと言えるでしょう。

では、どれくらいの時間がかかるのでしょうか。みずほのカードローンの場合には、申し込みをした当日か翌営業日には完了します。完了すれば、すぐに使うことができるのです。

翌日ではなくて翌営業日という点には注意しておかなければなりません。銀行は、土日祝日は営業をしていません。ですから、金曜日に申し込みをしたとしても、翌営業日というと月曜になる可能性はあります。月曜が祝日になることもおおいですから、その場合には火曜日にならないと結果が分からないこともあるのです。

では、申し込みをするためには何が必要なのでしょうか。まず、本人確認の取れる書類が必要となります。運転免許証やパスポートなどがあれば、良いですし、それ以外にも例えば健康保険証や住民票などでも代用できることがあります。これらの書類がまず必要となってきます。

みずほのカードローンを利用するときには収入を証明できるものを提出しなければならない事もあります。200万円以下の借り入れをしようと思っているときには必要ありません。源泉徴収票や課税証明書などがあれば、これによって収入を証明できることになりますから、これらの書類をそろえておきましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 ≪法人の味方≫厳選優良キャッシング会社紹介サイトはこちら! All Rights Reserved.